実際に撃ってスコープを調整

SONY DSC

実際に撃ってみてスコープを調整します。

レーザーボアサイターがない場合は、エレベーションノブ、ヴィンテージノブを「ゼロ」に合わせます。

レーザーボアサイターでの調整が済んでいる場合はそのままでOKです。

なお以下で使用するターゲットシートはこちらからダウンロードできます。

スコープの調整-02

ターゲットの中心を狙点に撃ちます。撃ってみた結果が上の写真です。(射手の腕はご容赦ください)

5発撃ちました。うち3発が固まっていますので、ここからターゲット中心までの距離を測ります。上へ8cm・右へ3cm動けば狙点に近づきます。

スコープの調整-05

エレベーションノブ、ヴィンテージノブを廻します。問題はどれだけ廻すか?ですね。上の表は1cm動かす場合のノブを廻すクリック数です。

SONY DSC

上記の例(上へ8cm・右へ3cm)で、ターゲットまでの距離が 30m の時
・エレベーションノブ : 32 ~ 40クリック
・ウィンテージノブ  : 12~15クリック
になります。

9/14追記
上記のクリック数に幅があるので、(理論値ですが)厳密にしてみたい方もいっらしゃるかと、少し細かい表を作ってみました。
こちらから参照ください。

SONY DSC

エレベーションノブ、ウィンテージノブを廻して再度撃った結果です。明らかに狙点に近づいています。

必要なら射撃ー調整を繰り返して、さらに精度アップを図ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 9 =