4x32E ライフルスコープ Aimpoint刻印

001-008

概要

aimpoint4x32-014×32 ライフルスコープ ですが、Aimpoint T-1 を Trijicon ACOG のように4倍スコープにしたような形をしています。ACOGとの大きな違いはアイリリーフが長いことで、ACOGのように極端に短くないです。

構成

20mmマウントと11mmマウントの2種付属しています。
他はクリーニングクロスだけで説明書すらないシンプルな構成です。

レンズ

aimpoint4x32-02Aimpoint T-1との違いはレンズ径で、T-1が22mm に対し、本機は 32mm でACOGと同径となっています。結果、画像の明るさもACOGと同等程度と思われます。フードにAimpointの刻印がありますが、同形の実物は存在しないようです。

バッテリー

aimpoint4x32-03イルミネーションは、レッド・グリーン・ブルーの3色で、それぞれ3段階の調整が可能です。バッテリーはCR2032で調達し易いので助かります。

操作部

aimpoint4x32-04

aimpoint4x32-05エレベーション・ウィンテージノブはコインで調整するタイプです。基部にOリングが入っていて締込みの調整が可能です。

接眼レンズ側にフォーカスダイアルがあり、いわゆるリアフォーカスになっています。操作系は後方に集中しており、使いやすくなっていると思います。

レティクル

最後にレティクルです。ミルドットで、ドットは線ではなく正円の点で表されています。ミリタリーテイストでユーザーが喜ぶ仕様ではないでしょうか。

 

aimpoint4x32-06

aimpoint4x32-08

aimpoint4x32-07

aimpoint4x32-09

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − three =